一週間お通じがない!そんなときに効果的な対処方法まとめました

便秘は辛いものですが、一週間出ないとなると日常生活に支障をきたすことも。こちらのサイトでは一週間以上お通じがない人のために、効果的な対処方法をまとめています。

一週間お通じがない!そんなときに効果的な対処方法まとめました

便秘に慣れないで!

毎日お通じがある人は別として、便秘気味の人は2~3日お通じがないくらいではそれがいつものことだと思ってしまうようです。けれど、一週間もお通じがない場合は絶対に慣れるのはNGです。便秘はただ排便がないだけ、と甘く見てはいけないもので、重度の便秘になると生命の危険にも関わってきます。そもそも、排便は毎日あるのが正常な状態で、本来であれば食事のたびに1日3回のお通じがあるのが望ましいです。それを考えると、3日出ないだけでも異常な状態であることがわかりますよね。では、排便がどのくらいない状態が便秘かというと、一般的には週2回以下の排便回数が3ヶ月以上続いてしまう状態が、便秘と呼ばれるようです。この状態を「慢性便秘」といいますが、これは多くの場合、便の出が悪くなって腸に溜まってしまうと、腸が便の水分を吸収してしまい、便自体が固くなってさらに出にくい状態になってしまいます。この状態で新たに消化した食事が腸に降りてきても、便が詰まって排出することができず、新しく作られた便の水分も吸収されてしまい、もっと便秘が悪化してしまうのです。この慢性便秘の状態は、早いうちに改善しないと生命の危険もあるといわれています。では、慢性便秘が続いてしまうとどのような危険性があるのでしょうか?

便秘が生命に関わる理由とは?

便秘で死の危険があるなんて、と驚く人も多いとも思います。けれど便秘は実はかなり怖いもので、慢性の便秘が長い期間続いてしまうと、便として体外に排出されなければならない毒素が腸内に溜まってしまい、大腸がんなどの重い病気を発症してしまう可能性があるのです。そのほかにも、動脈硬化になりやすい体を作ってしまうなど、便秘によって引き起こされる怖い症状にはいろいろなものがあります。もし慢性的な便秘に悩んでいる人は、自己ケアで改善しないようであれば病院で治療を受けることをおすすめします。また、「少し便秘気味かも」という自覚がある人は、1日も早く便秘解消方法を実践し、まだ症状が軽いうちに便秘を改善させましょう。便秘は怖いものですが、便秘が解消すればいろいろな体調不良が改善するということにつながっていきますので、便秘解消法を実践するのが楽しくなってくると思います。こちらのサイトでは、便秘によって起こる不調やその対処方法について解説しています。すぐに実践できる対処法をご案内していますので、早速今日からでも試してみてくださいね。

参考になるページ:ストレス解消は便通への近道、ストレスを上手に解消しよう

No comments

The comments are closed.