一週間お通じがない!そんなときに効果的な対処方法まとめました

便秘は辛いものですが、一週間出ないとなると日常生活に支障をきたすことも。こちらのサイトでは一週間以上お通じがない人のために、効果的な対処方法をまとめています。

実は便秘はかなり怖い!便秘によってもたらされる不調とは

便秘によって起こる不調はとても多い

慢性便秘が続くと、いろいろな体調不良を引き起こします。それらの症状が一見便秘と関連性がないため、まったく別のものだとして捉えてしまいがちです。しかし、実はその原因が便秘だった、ということはとても多く、原因がわからないので不調を改善することができず、長い間体調不良に悩まされることになってしまいます。こうした不調のひとつとして挙げられるのが「発熱」です。便秘になるとお腹に便が溜まるので、腹痛を起こしやすいということは知られていますが、便秘で熱を出すということはあまりつながらないので、どうして熱が出るのかわからず、解熱剤を飲み続けて体に負担をかけてしまうという人がとても多いです。便秘による発熱の原因は、腸で便に含まれている毒素が溜まってしまい、免疫力が低下してしまうことによって起こります。最近は子どもでも便秘になってしまうことが多いのですが、こうした便秘による発熱は、子どもによく見られますので、お子さんが原因不明の発熱をした際は、排便の様子はどうだったかを確認してみてください。

原因不明の吐き気も便秘が原因?

吐き気は意外といろいろな場面で起こります。大人であれば飲みすぎたときに吐き気をもよおしますし、車酔いや胃の不調などいろいろな原因がありますが、慢性の便秘が吐き気をもよおすこともあるので注意が必要です。便秘によって吐き気が起こってしまう原因は、前述したような腸内に溜まってしまった毒素が悪さをして、吐き気となって表れることもありますし、腸に便が溜まって正常な機能ができない状態だと、消化器官のひとつである胃の機能も低下してしまい、正常に機能できないために吐き気をもよおすということもあるようです。また、腸が正常に機能しない状態だと体全体の代謝機能も低下し、血流が悪くなるために肩こりや腰痛といった不調も起こりやすくなります。これらも一見便秘との関連性がないように思えますが、あなたがもし肩こりに悩んでいるとしたら、それは便秘が原因かもしれません。

一緒に読まれる記事:一週間お通じがない!そんなときに効果的な対処方法まとめました

No comments

The comments are closed.