一週間お通じがない!そんなときに効果的な対処方法まとめました

便秘は辛いものですが、一週間出ないとなると日常生活に支障をきたすことも。こちらのサイトでは一週間以上お通じがない人のために、効果的な対処方法をまとめています。

睡眠不足は便秘を引き起こす。良質な睡眠は重要

睡眠は体を正常に機能させるためにとても重要

睡眠と便秘についても、あまり関連性がないように思えますが、良質な睡眠は体の機能を正常に行うためにとても大切なものです。睡眠不足だったり、良質な睡眠が取れていない状態だと、体の疲れが取れなかったり、代謝機能が下がったりして体全体に不調をきたします。体が正常に機能しないということは、腸の機能も低下してしまいますので、必然的に便秘につながってしまうのです。最近は良質な睡眠が取れていない人がとても多いようですので、便秘に悩む人が多いというのもうなずけます。現代人は仕事で忙しい人が多く、夕食が遅くなってしまい、食べてすぐに寝てしまうという人が少なくありません。食べてすぐに寝てしまうと、胃などの臓器は消化のためにフル活動しているので、脳は休んでいても体が休めていない状態となり、結果しっかり睡眠が取れないということになってしまいます。忙しい人が多いことも、便秘に悩む人が多い原因だといえそうです。

良質な睡眠を取るために

まずは、良質な睡眠を取れるよう、日頃から意識することが大切です。前述したように、食べてすぐに寝てしまうのは体を休めることができなので、眠る2時間前には食事を済ませておくことをおすすめします。どうしてもその時間が取れないという人は、夕食は軽く済ませてしまい、朝食をしっかり取るようにシフトしてみましょう。最近朝食を摂らない人が多いことは、このような夕食の時間が遅いことが原因のひとつとなっているようですので、朝型に変えることでしっかりエネルギーを補給でき、1日を元気に過ごすことにもつながると思います。また、寝る前にスマホやパソコン、テレビなどが発するブルーライトを浴び続けることも寝付きを悪くするので避けたほうがよいでしょう。眠る1時間前にはこれらをやめて間接照明にし、ベッドに入って眠る準備をすると寝付きがよくなります。ぜひ試してみてくださいね。

関連 実は便秘はかなり怖い!便秘によってもたらされる不調とは

No comments

The comments are closed.